2014年1月31日金曜日

社長室 社長特命課の横谷、頑張ってます。

社長室 社長特命課の横谷、頑張ってます!!

なんとこの1月、横谷ひとりで計13社(7社社長取材済み、そして6社日程調整中)も
カリスマシェフ(経営者)の社長取材取らせてもらっています。
なかなか会えませんよ。
さすが!!


(NOBUの松久オーナーシェフと)

(ジョエル・ロブション氏の愛弟子の須賀シェフと)

(スーパースイーツの辻口オーナーパティシエと)

(神谷の神谷オーナーと)

(ハワイアン・フュージョン・キュイジーヌ・レストラン「ロイズ」の
ロイ・ヤマグチオーナーシェフと)

(くろぎの黒木オーナーと)

(オステリア・ルッカの桝谷オーナーシェフと)

(アルポルトの片岡オーナーシェフと)

(ランベリーの岸本オーナーシェフと)

(ビストロQ山下オーナーシェフと)

(リストランテMASSAの神戸オーナーシェフと)

(龍の子の安川オーナー料理長と)

(青家の青山社長と)

(なすび亭の吉岡オーナー料理長と)
 
(銀座小十の奥田店主)

(一凜の橋本店主)
 

横谷をこれだけおだてておいたらやってくれるだろうな(笑)
さあ、社長特命課としてドンドン業績貢献させよう。

96x96



1月31日(金)の夕刊フジ“波乱万丈 起業家列伝”は「クオルス」高波利幸社長登場。

夕刊フジにて連載中の『波乱万丈 起業家列伝』毎週金曜)ですが、
今回1月31日(金)は日本のイタメシ店をローマにOPENさせ、グルメ情報誌にも掲載された「クオルス」高波利幸社長です。


(クオルスの高波利幸社長) 











PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

2014年1月30日木曜日

インターン、感動と涙の成長記録シーズン2 (その14)。

インターン、感動と涙の成長記録シーズン2 (その14)。
いよいよ社長取材取れた企業様へ訪問。
~社長取材から学んだこと編~


2社目の社長取材の花井君。
横浜中華街で先方のお店を発見。

着きました。


あっ、ごめん顔ちょっと切れてた。

あっ、ごめん顔ボケてしまった。

すごく謙虚な社長様です。


福建省から12歳の時、お祖母さんが残留孤児だったので、
家族・親族全員日本に来られ
23歳の時にラーメン店開業。
裸一貫で現在170店舗弱まで会社を拡大されました。
現在36歳。

藤井社長から声かけて頂き一緒に
ハイポーズ。

満面の笑みの花井君とケンコーの藤井社長。
花井君のコメント
「社長様の話を学生に聞かせて頂けるって普通じゃありえないよな(°_°)
半分泣きながら、テレアポやり続けてよかった(笑)
また社長取材同行したい!
ここでの学びを就活に活かしてがんばります!」
成長したな~、花井君。
いい笑顔だ。


続いて、N君。
初の社長取材は綱八の志村社長
N君、会社前にて。

実はかなり緊張しています。


「綱八(つなはち)」、
最初の2年、実は「網八(あみはち)」だったんです。

そんな秘話も聴けました。

志村社長、お話がおもしろい!!
皆で魅了されてました。

最後は志村社長から声かけて頂きハイポーズ。
満面の笑み? のN君と綱八の志村社長

N君、これが最高の表情ということが
ようやく終了課程前にわかりました。

N君のコメント
「初めての社長取材でした。
存在感ある社長様で、話に聞き入りながらメモを取らせて頂きました。
アポをした企業の社長様のお話とあって感激し、非常に勉強になりました。
貴重な機会を頂き、ありがとうございます。
本日は貴重な経験となりました。」


細見より
インータンシップを通じ大学生に実践型の体験研修を実施していますが、
飲食企業様の社長取材を通じ、リストアップから電話連絡、訪問までやらせています。
アポイント頂いた時の感動(努力の成果がみのる時)。
実際の社長の生き様を独占ライブで聴けた時、さらに感動します。
それが結果自信になり今後の人生に大きく影響するはずです。
花井君とN君、2人とも短期間ではありましたが、大きく成長しました。


(続く)
その13
その12
その11
その10
その9
その8
その7
その6
その5
その4
その3
その2
その1
96x96
戦略型総合人材採用サービス会社キイストン 

2014年1月28日火曜日

長野本社の株式会社スープアンドイノベーション 代表取締役社長 室賀 康氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”に長野本社の株式会社スープアンドイノベーション 代表取締役社長 室賀 康氏登場。

本文より~

長野工業高校にあって、20数年ぶりの快挙。

室賀にとっては、父の存在が大きい。父は、高校を卒業後、地元の「大手電機メーカー」に就職。定年までわき目もふらず、その会社一筋に生きてきた人である。
そういう世代だったとも言えるが、父を間近でみてきた室賀にとっては、それ以外の生き方はなかなか考えられなかった。
「定年迄、まっとうできる会社かどうか」。それが仕事選びの尺度になった。むろん、大学卒業時だから、まだ先の話ではあるが。
室賀が生まれたのは1979年の長野市である。のちにオリンピックを招致し、熱狂する街もまだひっそりとした街の一つだった。市の郊外に新興の住宅地が生まれ、室賀一家もその住宅地の住人となる。人口は多く、中学の生徒数は1000名をはるかに超えていた。
室賀はサッカー部に所属していたが、「3軍まで、あった」という。「私は2軍でした」と笑う。11クラスもあったそうだ。
中学を卒業し、進学したのは長野工業高校。「情報科に入りたくて…」と室賀。その高校で、それまで中の上ぐらいだった室賀の成績が、群を抜くようになる。
「入学時に首席だったんです。それまで、中の上ぐらいでパッとしなかった成績ですが、首席ということになって急にやる気がでてきました。それで、勉強ばかりして。そう高校時代の3年間、定期テストはぜんぶ1位です。中学同様、生徒数は少なくなかったんですが、もう1位は手放せないと思って、勉強もしました」。
「学校から4時か、5時に帰ってくるでしょ。それから、ごはんと風呂、それ以外は朝2時までずっと勉強です。この高校時代に人格も形成されました」。
勉強、勉強、それでも、苦にならなかった。学年で1番の目標が、卒業時には、それまで20年間以上、先輩たちができなかった「信州大学工学部」現役入学という目標にとって代わった。
「結局、推薦で進学できました。快挙といえば快挙ということになるんでしょうね。この信州大学の学生時代、私は一つの転機を迎えます」。

定年まで、どうはたらくかという問題。

室賀が大学1年時に、長野オリンピックは開催されている。室賀は、家庭教師や塾講師などのアルバイトを始め、大学2年時からは、地元のローカルなファミリーレストランで勤務した。この時のアルバイトが、一つの転機となる。
「店長に惹かれたんですね。高校入学以来、私を叱るような人は周りにいなかったわけです。ところが、店長には、やることなすこと怒られて。でも、怒られることが新鮮なもんですから(笑)。ぜんぜんイヤにならず、結局、1年以上いて、飲食業の楽しさまで実感するようになるんです」。
当時、「許されるなら、飲食店に就職しようと思っていた」という。ただ、長野というまだ田舎の話である。就職時には東証二部の情報処理の会社に合格するが、その会社でさえ、親からは首を傾げられる始末だった。結局、JA長野共済連に進路を決める。
「ここなら、無事、定年を迎えられそう」というのが、最終的な理由である。
ところが、定年までという長いスパンで考えたことで、のちに、この会社を辞すことになる。
「いま思えばたしかに、文句のつけようのない会社でした。希望通りシステム部に配属されたわけですし。ただ、贅沢な話ですが、私にはぬるま湯のようにしか思えなかったんです。このまま、定年まで同じような仕事をつづけていくのか、と思うと急に耐えられなくなったんです」。
入社1年目で辞めるつもりなった。ただ、石の上にも3年。3年間は辛抱だと思った。「どこかで気がかわるかも」とも思っていたが、3年たった頃には、すっかり次のプランも出来上がっていた。飲食業での独立。一攫千金を目標にした、刺激ある毎日が待っているはずだった。・・・続き
株式会社スープアンドイノベーション 代表取締役社長 室賀 康氏
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

2014年1月27日月曜日

1月25日(土)、第6回海外就職説明会実施しました。

1月25日(土)、第6回のフードビジネスに特化した海外就職説明会実施しました。
昨年の2月からコツコツと隔月ごとに実施し、
今回も定員数の応募者が参加されました。

やはり、目的をお持ちの応募者は意識高いですね。
また、会社の規模や安定を優先して選ばれるのではなく、
会社の今後の方向性と可能性、それにどの国かで判断されています。
なので、経営者が話しされると強いです。
 
フードビジネスは相対的に人気ありません。
しかし、海外戦略中心にちゃんと伝われば、多くの人材を集めることが出来ます。
そのためにも、キイストンはGJJ様と二人三脚で
コツコツ海外就職説明会を継続していきます。

やはり、「世界で勝負できるのはフードビジネスだ!」です!









(各社のプレゼンタイム)




(各企業様のブース)
96x96
戦略型総合人材採用サービス会社キイストン

2014年1月24日金曜日