2020年1月15日水曜日

千房ホールディングス株式会社 代表取締役 中井貫二氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”千房ホールディングス株式会社 代表取締役 中井貫二氏登場
本文より~

千房、3代目社長。野村證券で奮闘す。

今回は「ぷれじでんと千房」などで有名な千房ホールディングス株式会社の2代目社長、中井貫二氏に話をうかがった。ちなみに「千房」といえば、お好み焼にうるさい関西人なら、だれもが知っている。創業は1973年、難波千日前にオープン。父親であり、現会長の中井政嗣氏が、創業者である。
「私は3人兄弟の三男です。長男は7つ上、次男は5つ上です。この2人は店の片隅のダンボールの中で育てられたそうですが、私は、ごくふつうに育てられました。心斎橋に2号店をオープンしたあとで、事業もうまくいっていた頃です。母親ももう専業主婦でしたし/笑」。
子供の頃、「ゴットファーザー」のような兄弟だった。長男は、ヤンチャで人気者。次男は、大人しく、三男の中井氏は、とにかく要領が良かった。
お父さんはどうでしたか?
「父ですか? 父は365日会社です。いっしょに遊んだ記憶も、旅行に行った思い出もほとんどない。そういう意味では、ふつうの家族とはちょっと違いますね」。
子どもの頃から、勉強が大好きだったそう。成績も、常に上位でした。大学は京都大学を目指していたというから察しがつく。2度、受験し、慶應義塾大学に進む。「中・高は男子校です。高校ではサッカーをしていました。大学ではアメフトです」。
慶應義塾大学のアメリカンフットボール部。企業の採用担当者ならどこでも欲しがる人材だ。もっとも超氷河期だったそう。「そうですね。かなり厳しい環境だったと思います。そのなかでも私はいろんな意味で、いちばん厳しい野村證券に就職しました」。
野村證券は、いうまでもなく日本を代表する証券会社だ。とはいえ、社内での競争は猛烈だったはず。証券会社の守備範囲は広い。
「私は、野村證券の新宿野村ビル支店に配属されます。こちらで、徐々に上位に位置するようになりました。もっとも仕事ができると私自身が思うようになったのは3年目くらいでしょうか」。
入社式で、中井氏は、新卒者の代表に選ばれている。
最初から期待の大型新人だったわけだ。
「じつは、組合の議長も務めています。野村證券で勤務したのは14年です」。25歳の時に、2歳上の先輩とめでたくゴールインしている。
「辞めようと思ったこともなかったし、実際、辞めるつもりもなかった」という。

千房、入社。会長から託された羅針盤。

「千房に転職したのは、6年前です。もともと長男が2代目社長予定だったんですが、急逝してしまいます。その跡を継ぎます。野村證券は、さっきも言ったようにぜんぜん辞めるつもりではなかったんです。収入も半分くらいに下がりそうでしたし…」。
それでも、決断したのは何故ですか?
「昔から、父に『従業員のおかげで食べていけてるんやぞ』って話をずっと聞かされて育ってきたんです。だからだと思います。長兄がいなくなり、従業員が困っていると聞いて、『やらない』という選択肢は私のなかにはなかったんです」。
これが、中井氏、37歳の時の選択である。「理解してくれた家族にも感謝」といっている。「正式に社長になったのは、じつは去年で、45周年の時です」。
なんでもゼロリセットが、45周年のテーマだったようだ。「本社も移転しましたし、組織も変えました。ぜんぶ、ゼロリセットです」。
会長のOKはよくでましたね?
「もちろん、創業者の思いは絶対です。千房は、これはマスコミにも取り上げてもらっていますが、昔から過去不問です。受刑者も受け入れています。反対という幹部もいましたが、これは絶対続けていきます。そういう大事なことは守り続けたうえで、たとえば、評価制度や、給料制度などですね。そういう仕組みをチェンジしていきました。働き方改革も、いま猛烈に進めています」。
会長はなにか、言われましたか?
「会長に言われたのは、一言でした」。
「従業員が幸せになれるんやったら、それでいい」。創業者であり、会長の政嗣氏は、そうおっしゃったそうだ。なんと、強い言葉だろう。明確な思いが詰まっている。
従業員が幸せになれるかどうか。この尺度は、3代目、社長に託した宝物であり、羅針盤かもしれない。

ボーナスゼロは、経営者の責任。

「まだ、うちは上場していないんですが、会社は、パブリックでなければいけないと思っています。受刑者を受け入れているのは、その一つですし、従業員を尊重しようとしているのも、その表れです」。
エピソードを一つ。これは、中井氏が千房に入り、はじめての経営会議でのこと。
「上半期が赤字だったんですね。で、ボーナスゼロって話だったんです。『え、それは、ちがうでしょ』と」。
中井氏は、問いかける。
「従業員は、頑張ってないんですか?」
答えは「頑張っている」だった。「だったら赤字は、経営陣の責任だ。銀行からお金を借りてでも、ボーナスは払うべきだ」と言い放った。
まっすぐ。そんな性格である。しかし、いきなりの一言に、経営陣たちは驚いたことだろう。
「そりゃ、そうです。だって、従業員たちも薄々ゼロだろうなって思っていたくらいです。つまり、いつものことだったんですね/笑」。
型破り、異端児といえば父親の政嗣氏も負けてはいないが、息子の中井氏も、立派な型破りタイプだ。従業員には、そんな中井氏の思いは伝わったんだろうか?

腹をくくった改革者。

「生産性を2倍にするのは、簡単じゃないですよね。新たな設備を入れても、そりゃ、無理です。でもね。人はちがう。モチベーションがあがれば、2倍、3倍…、10倍にも生産性があがる。もちろん、その逆もあるわけで。だから、経営っていうのは難しいんですが」。
たしかに、そう。いいと思っても、逆効果の時だってある。
「その時は、生産性をあげるというより、ふつうのことです。だって、頑張っているのに、ボーナスゼロはないでしょ。だから、私にすれば、ふつうの主張だったんです。でも、従業員たちもびっくりして。『ボーナスでるみたいやで』ってなって」。
「ゲンキン」という一言で、片づけてはいけないと思う。経営者の思いが伝わり、今までとはちがうという思いが従業員一人ひとりに芽生えたのではないか。いうならば、最初にできた、中井氏と従業員との「きずな」。
「それで下半期で、なんと上半期の落ち込みをカバーし、通年で予算を見事に達成します。飲食だけに限らないとは思うんですが、とくに飲食は『人』ですね。このエピソードを通して、私自身が、それを知ります」。
これ以来、中井氏は改革を進めていくのだが、改革には痛みもともなう。もちろん、なかなか思い通りにも進まないことあっただろう。
「改革に大事なのは、『よそ者・若者・バカ者』なんですね。これがそろって、はじめて改革が進んでいく」。たしかに、中井氏はよそ者。しかもある意味、バカ者でもある。
「じつは、働き方改革の一環として、定休日もつくりました。売上はめちゃめちゃ下がっているんですが」と笑いながらも真剣な表情で、中井氏はつづける。
「家族といっしょにいる時間とかね、ぜったい大事な時間をちゃんとつくれるようにする。海外進出や、何百店舗の出店なども、たしかにいいんですが、私のミッションは、飲食の社会的な地位の向上だと思っています。だから、バカ者にだってなる。だれかがやらないと進まないでしょ。これが、経営者の務めです」。
腹をくくっている。そこが、すごい。
・・・続き
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

1月10日(金)発行の夕刊フジ「夕刊フジ×キイストン 飲食FCで第2の人生」にてクラウドプロスパー様を掲載させて頂きました。

1月10日(金)発行の夕刊フジの「夕刊フジ×キイストン 飲食FCで第2の人生」にてクラウドプロスパーの羽中田英治社長を掲載させて頂きました。
(1/10発行 電子版カラー)
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

2020年1月8日水曜日

株式会社サンパーク 代表取締役 髙木 健氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”株式会社サンパーク 代表取締役 髙木 健氏登場
本文より~

受験勉強はイヤだから、猛勉強を開始する?

父親は代々京都に伝わる名家の出身。母方の祖父は、繊維事業で得た資金で全国に土地を買い、多彩な事業を始めた、政治家も一目置くような立身出世の人物だったそう。
そんな家系のDNAを受け継いだからだろう。「小さな頃からビジネスに興味があった」と今回、ご登場いただいた髙木氏は語る。
「そうですね。いつかはオレもって思っていました。小学生の頃は勉強もでき、灘中をめざし勉強に明け暮れていました。でも、失敗。それで、中学は公立に進むのですが、もう受験勉強はイヤだって/笑」。
灘中の試験といえば、大学生でも解けない難問ばかりだ。相当、勉強されたに違いない。その反動ももちろん理解できる。
中学の時は陸上部。スポーツに打ち込む一方で、3年には、「もうイヤだ」と思っていた勉強を開始する。
「とにかく大学受験をしたくなかったから、一貫校に進みたかった。その一心で、もう1回、猛烈に勉強します。おかげで慶應の付属に進むことができました。そして、勉強は終了です」。
高校では、器械体操部に所属する一方で、空手道場にも通ったそう。校舎は埼玉にあったから、当然、寮生活。
「入学早々、先輩らに『行くぞ』って言われて、連れていかれたのが新宿のディスコです。カクテル光線を受けてね。いがぐり頭の坊主が踊るわけです。そりゃもう、はたからみたらヘンですが、本人は、もう最高って/笑」。
ぜんぜん勉強しなかったというものの、無事、法学部にストレートで進んでいる。当時は、外交官になりたかったそうだ。もちろん、うんざりするくらい勉強しなければならないことを知り、断念している。

就職先は、丸井。

「大学時代は目黒に住んでいて、バイトして30万円の中古車も購入しました。大学には4年と2ヵ月、通ったんです」。ひとつ単位を取り忘れていて。
大学には、何年通っても悪くなかっただろう。
「当時は、慶應っていうだけでモテましたしね」。そう言って、髙木氏はニンマリと笑う。
正式に大学を卒業した髙木氏は、「丸井」に就職している。
「丸井だったのは、先輩がいたからなのですが、サービス業も案外、性に合っていたんでしょうね。1万人の社員の中で、毎週ベスト5に入る売り上げを達成していました。このあともホテルに転職し、ホテルマンを務めます」。ホテルマン時代には、スタッフエクスチェンジという制度を使って、半年間、オーストラリアでも働いていたそう。
むろん、ホテルマンで終わる人でもない。
「30歳で結婚するんですが、その時には知人と起業する計画も進んでいたんです。ただ、うちの創業者から『会社を売却する予定だが、キミがやってみないか』と」。事業継承の話が回ってきた。
悩んだ末、髙木氏は了解する。
「私を思ってのお話だったのですが、それでも、けっこうな決断でした。当時、年商3億円。社員10数名。ガソリンスタンド1つと、レストランが2つ。じつは赤字で倒産寸前でした。」。
それがサンパーク?
「そうです。サンパークは、1966年に大阪市北区に、サン石油を設立したのがはじまりです。1967年に吹田市に移転し、ガソリンスタンドとレストランの複合店舗を開業しました。これが飲食事業のはじまりです」。
ホームページによれば、そのあとも大阪府の北摂エリアを中心にレストランを出店されていたようだ。

改革の狼煙。


「売上の大部分が、ガソリンスタンドです。だから、利益は薄い。レストランも赤字で、いうなら真っ赤かです/笑」。
「勝算なんてまったくなかったですが、ただ一つ、当時は職人の世界だったんですね。料理人が、トップに君臨しているようなね/笑。レストランには店長もいるのですが、みんなうつむいて仕事をしています。料理長のいる厨房とホールの間のコミュニケーションもまったくとれていないことに気づき、これだ、と思ったのです」。
入社早々、白い目で観られた。最初の肩書きは企画室室長。
「当時は10人です。でも、みんな私より年上。最初にあいさつにいった時に、部長がバンとぶつかってきて、『邪魔だ』って。これが、最初の洗礼です。子どもじゃないんですからね。笑っちゃいますよね。でも、その時は笑うこともできなかったですね」。
自分を奮い立たせるために「20XX年に、売り上げ100億、経常利益10億、関連会社10社」と目標を掲げ、壁に飾って毎日見ていました。2019年、売り上げは100億に到達。やはり願えば叶うものだ。
ともかく、古い体質だった。のちに社長になった髙木氏は、これを徹底的に改善していく。
「最初にやったのは、職人がいなくてもできる業態への転換です。まずは赤字経営のお店をフランチャイズ加盟店に変えるところから始めました」。
髙木氏が、1号店というのは1992年4月、千里中央セルシーにオープンした「洋麺屋ピエトロ」千里中央店のこと。なんでも様々な店を食べ歩き、「これだ」と思ったのが、福岡で出会った「洋麺屋ピエトロ」と愛知で出会った「びっくりドンキー」だったそう。まるで神が降りてくるような感覚すらあったそうだ。
首を横にふる「ピエトロ」の首脳陣を口説き、自身も福岡でオペレーションを学び、そして、既存の店舗をリニューアルし、オープンする。これが、大爆発。
「それまで、年間1000万円の赤字だった店が、1年後には6000万円の黒字です」。
改革の狼煙が、高々と舞い上がる。
「そして、今度はびっくりドンキーです。150坪の店を全面改装して、同じ年の11月にオープンします。こちらもおかげさまで大ヒットします」。
・・・続き
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)