2019年7月18日木曜日

観葉植物が8年でこんなに・・・・・。

事務所移転時の観葉植物が8年でこんなになりました。
知らない間にこんなに月日が経ってるんですね・・・。
人も一緒。成長してくれています。

96x96

戦略型総合人材採用サービス会社キイストン

新人、いきなり月間目標達成!!

4月入社の2人。
7月から目標持ちましたが2人ともいきなり月間目標達成しました。
2人とも社長取材で頑張ってくれ、8月以降も沢山ネタ持ってます。
『効果にこだわる』、『同業他社とは違った採用戦略』を武器に良い仕事してもらってます。
早く平均年齢20代の営業の皆に移行し暴れてもらいたい。
96x96

戦略型総合人材採用サービス会社キイストン

2019年7月12日金曜日

夕刊フジ「飲食FC(フランチャイズ)で第2の人生」にて3連載でやきとり大吉のダイキチシステム様取り上げました。

夕刊フジの新連載「飲食FC(フランチャイズ)で第2の人生」が5月17日(金)よりスタートしましたが、
6月28日(金)、7月5日(金)、12日(金)でやきとり大吉のダイキチシステム様について記事掲載させて頂きました。
zakzakにも同時掲載しています。→こちら
(No.1)
(No.2)
(No.3)
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

2019年7月11日木曜日

「飲食の戦士たち」、マンガームービー第2弾!!

「飲食の戦士たち」、マンガームービー第2弾!!
飲食の経営者の生き様をまとめた「飲食の戦士たち」700連載突破を記念して
「飲食の戦士たち」のマンガムービーを時代の流れに合わせ誕生させました。
その第2弾坂東太郎様が完成しました。
ご覧ください。
マンガムービーはキイストンとトレンドプロとの合同企画商品です。
こちらは「飲食の戦士たち」です。
坂東太郎・青谷会長(飲食の戦士たちより)
https://in-shoku.info/foodfighters/vol469.html
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

7月2日(火)、千葉商科大学・池田ゼミにてジローレストランシステム株式会社の佐藤社長の講演でした。

7月2日(火)、千葉商科大学・池田ゼミにてジローレストランシステム株式会社の佐藤社長の講演でした。
学生発信で、なにやら新たな試み始まりそうな予感です。

96x96

戦略型総合人材採用サービス会社キイストン

新たな総合人材サービスの商材になるか・・・・・・。

昨日、新たな総合人材サービスの商材の一つとして、
その人の特性を知る適性試験にと、
特殊カメラで撮影した人物の精神状態を「可視化」し、
自動で検知する画像解析システム活用の件で、
試験的にスタッフ数名やってもらいました。

項目の中にカリスマ性という項目があり、
ココが低いと社長として情けないですが、
おかげさまで誰よりも高くて安心しました(笑)

採用や既存社員のフォローに使えないかこれから検討していきます。

https://business.nikkei.com/atcl/report/15/226265/060300032/
96x96

戦略型総合人材採用サービス会社キイストン

2019年7月9日火曜日

株式会社グルメ杵屋レストラン 代表取締役 佐伯崇司氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”株式会社グルメ杵屋レストラン 代表取締役 佐伯崇司氏登場
本文より~

目標は、ロケット。

「終電に乗れたのは、週に2回くらいです。残りは、タクシーで帰るか、泊まり込み」と佐伯氏は笑う。佐伯氏がまだ日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)の人事課長だった頃の話である。入行は1980年。「まさかあの頃は銀行が潰れるなんて思ってもいなかったですね」。
佐伯氏は1956年に生まれている。岐阜出身。父親は電電公社(現NTT)に勤務し、母親は佐伯氏とおなじ銀行員だった。「背がちいさくて、引っ込み思案の子だった。本を読むのが、好きだったかな。旅行も、外食も、あまり記憶にないですね。ただ、年1回、父母の田舎に帰省はしました。当時はSL、蒸気機関車です/笑」。
窓を開ければ、黒い煤が流れ込んでくる。何両もの車両をひっぱっていたのは、石炭だ。「そうですね。まだ、そんな時代ですね。子どもの頃の私は、ロケットを飛ばしたいと思っていました。石炭の時代ですからね。ロケットなんていうと、もう相当な未来の話だったんです」。
じつは、ロケットは思いつきではなく子どもの頃は真剣に、東大の航空宇宙研究所をめざしていた。「でも、高校になると、だんだんわかってくるでしょ。さすがに『航空宇宙研』は無理だと。理Ⅲ(医学部)より難しい。/笑」。
たしかに、ロケットはあきらめたが、かわりに東大法学部にあっさり進んでいる。佐伯氏にとって、赤門自体は、高い門ではなかったようだ。

バンカーへ。日本債券信用銀行入行。

「法学部ですが、弁護士は頭になかったですね。司法試験に比べれば東大に入り直す方がよっぽど楽です」。
けっきょく、就職先は長期信用銀行の1行だった日本債券信用銀行となる。債券発行を担った銀行である。「最初は、上野に配属されました。ハイ、浅草のおばちゃん相手です/笑」。
時代はマンション不況・第二次オイルショックから立ち直り、景気回復で金融引き締めが行われた頃。国債金利が6%から9%まで駆け上がる、そんな頃の話である。ちなみに、上昇した3%だけでも、いまの金利と比較すれば数十倍だ。
「まぁ、そういう時代ですね。私は入行5年目から、当時の大蔵省に出向し、銀行にもどってからはインベストメントバンカー、労働組合書記長、人事課長ですね」。
インベストメントバンカー時代、佐伯氏は、日本企業がユーロ市場で起債する債権などを担当していたそう。「マーケットがロンドンだから、時差は8時間ですよね。ときにはニューヨークまで追いかけるので、向こうとは11時間時差がある。ハンパなかったですね」。バンカーが描く地球儀には、日付変更線は記されていない。「でもまだこの頃は、土日が休めていましたからね。人事課長になってからは、それもなくなった/笑」。
約20年と、佐伯氏はいう。「バブルが弾け、不良債権の山ができる。うちの銀行も1998年に経営破綻し、一時国有化されます。経営陣も総入れ替えでしょ。私が知っている銀行ではなくなった。そう思って退職しました」。
これが、佐伯氏42歳の時のこと。

初の飲食、初の社長。

「それからですか? まず、外資のアーサー・アンダーセンに転職します。ただ、アーサー・アンダーセンも、エンロン事件で解散してしまうんですね。日本の事務所は、オランダ本部のKPMGに吸収され、私は、そちらでも2年勤めたあと、そう、はじめて外食に進みます。ロイヤルホールディングス株式会社の社長だった今井さんに誘っていただいたんです」。
当時、丸紅から「天丼のてんや」の「テンコーポレーション」をM&Aしたばかりだったそう。
「それで、私に白羽の矢が立ったんですが、もちろん、飲食ははじめて。『てんや』も苦戦中です。素人に舵取りは難しい。だれもがそう思うでしょうが、今井さんは、逆に飲食経験のない私だからできることがあると思われたのかもしれませんね。ご自身もそうですから」。
実際、1年3ヶ月かけ124店舗すべてを回るなど、独自のスタイルで経営を行った。パート・アルバイトとも時間をかけて直接対話するなど、異例のことだったに違いない。
「最初に私がやったのは、値引き・割引の禁止です。ええ、ぜんぶ止めました。だって、500円の天丼。これだけで価値は充分あるんです。にもかかわらず値引きのキャンペーンをしたり、3杯食べたら1杯無料にしたりするとか。なんで、自分から価値を下げるんだって」。
行脚と会話。
だれもが、天丼500円の価値に気づく。それが起死回生始まり。「正式に社長になったのは、転職して9ヵ月経ってからだから、丸3年ですね。ハイ、業績は、回復したんですが、つぎにリーマン・ショックです。会社は存続できましたが、私は退任させられました/笑」。
アルバイト・パートとつないだホットラインもなくなる。従業員向けに毎週送ったレターも、もう書くことはない。
はじめての社長業は、たしかな実績も残したが、ほろ苦い結果となったとも言えるだろう。
ただ、佐伯氏は面白いことを言っている。
「飲食っていうのはBtoCでしょ。相手は経済合理性なんか関係ない個人消費者。私は新社会人の時浅草のおばちゃんたちに鍛えられましたからね、個人はどう思うか、どう行動するか知っている。だからこの仕事はできるって」。
・・・続き
PRバナー


(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)