2023年6月6日火曜日

株式会社BIRCH 代表取締役 高橋光基氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”株式会社BIRCH 代表取締役 高橋光基氏登場。

本文より~

少年時代の高橋氏。

高橋氏は1994年1月28日、千葉県の大網白里市で生まれる。
九十九里の隣町といえば、想像がつくだろうか?
「姉弟より、友だちと一緒にいるほうが多かったですね。みんなと一緒にゲームをするのが楽しみでした」。
そのゲームは、高橋氏がルールを決めていたそうだ。「あの頃は、ゲームのルールをつくるのが好きでした。どうすれば公平にみんなが一緒に遊べるんだろうかって、真剣に悩んだりして笑」。
早くからパソコンにも興味があったそう。
「姉もいたんですが、中学生に上がり、思春期になると女の子を意識してか女子と話をすることもできなかったです」。
思春期の、あるある話だが、今の高橋氏をみていると意外に思える。
ただし、アウトドアというより、インドアだったのは事実だったようで、高校に進学し、入部したサッカー部も半年でリタイアしている。
庭で飛び跳ねていた少年時代からは想像しにくい。ただし、運動ができなかったわけではない。体操選手のご両親から、ちゃんと運動能力も受け継いでいる。
「高校になっても友だちと遊ぶことが多かったですね。じつは、今、うちの部長の松本も、その頃の仲間の一人で、中学からの付き合いです」。
松本氏だけではなく、高校時代の友人も、今、いっしょに仕事をしている。ただ、いたずらに遊ぶのではなく、縁は、深く、結ばれていたようだ。

東京とオーストラリアと中古のベンツと。

「あの頃は、将来いっしょに仕事するなんて思ってもいません。私自身、何をすればいいのか、わからない年頃ですから。私は、高校を卒業して1年、実家の仕事をします。仕事といってもアルバイトのようなもんでしたが」。
この頃までは、どこにでもいる青年。ただ、自分を試したいという思いは人と比較し強かったかもしれない。
「1年、実家で働いたあと東京にでます。東京に近いと言っても、やっぱり大網は刺激が少ない笑。それに、まだ若いですから、『ちからを試してみたい』と。若い頃の動機ってそれで充分でしょ」。
東京に進出した高橋氏は、「中央線がいいかなと思って阿佐ヶ谷で暮らし始めた」と言っている。
19歳、あてないなかで、どんな仕事をされたんだろうか?
「飲食をサポートする、マーケティングというか、営業の仕事ですね。収入も悪くなかったですし、人のしぐさをみたり、心を読んだりして。人を動かす仕事だったからこそ、学べるものも大きかった気がします」。
「この仕事は22歳までつづけました。トップクラスの成績も残せましたから、自信もつきました。ゲームといっしょだというとヘンですが、私のなかでルールをつくり、そのルールに則って仕事を進めることで成果がでる。子どもの頃からゲームをつくるのが好きだったことが、ここにつながっているように思います」。
この頃から高橋氏は、強烈な個性を発揮し始める。ゲームの主人公に躍り出た感じ。ただし、22歳になった高橋氏は、新たなゲームにチャレンジするための充電期間か、仕事を離れ、メルボルンに向かった。
「カナダか、オーストラリアかで迷ったんですが、オーストラリアに2ヵ月くらいですが、学校にも通いました。仕事は食品の卸。1年間、向こうにいたんですが、残り半年で、オーストラリアを半周しました」。
向こうでは中古のベンツを買ったそう。オーストラリアの広い道を中古のベンツが駆ける。

S.H.N、入社。

オーストラリアに行って心境の変化はありましたか?
「そうですね。さみしくなったわけではないんですが、周りの人といっしょに仕事がしたいと思うようになりましたね」。
S.H.N株式会社に入社されたのは、帰国後ですか?
「前職で知り合った、格闘家の山本有人さんから誘っていただいたんです」。
当時はまだ、赤坂と神田に2店舗あったくらいだったそう。
「何ができるかより、『どこまでできるか』、それが私のテーマ。髙橋さんの下なら、自分のちからをトコトン試すことができると思ったのが、いちばんの志望動機です」。
飲食にもルールがある。利益を管理するならF/Lコストもルールの一つだし、売上でいえば大箱、小箱も一つのルールとなる。そのルールのなかで、何を実現するか。
「ゲームっていうのは、トライアンドエラーです。それを繰り返すなかで、攻略方法がわかってくる。経営もある意味、同じです。ただ、決められたルールに従っているだけでは、つまらないと思います。自分でルールをつくることで、ゲームそのものを支配することができる。私が起業するに至った理由の一つです」。
高橋氏は、北海道エリアの開拓に奔走したという。

完璧よりも時間を意識する。

「今、いっしょに事業をしている松本とは神田の街で偶然すれ違います。松本は当時、防水工事の仕事をしていて、たまたま神田に現場があり、千葉から来ていたそうです。仕事中なので、作業着でしたね笑」。
それで、誘われたんですか?
「そうなんです。いっしょにやろうというのは、もう少しあとですが、偶然、出会ったことで、2人はまたつながります」。
松本氏とは、中学時代の旧友で、ともに創業したメンバー。現在は、部長職に就かれている。
起業されたのはいつですか?
「私が25歳の時です。北海道にいた時に決心します。登記は東京ですが、事業をスタートしたのは札幌と名古屋です。名古屋では、私の部下が一足早く、事業を開始します」。
東京からすれば、札幌も、名古屋も遠い。しかし、高橋氏のなかでは距離は問題じゃなかったのかもしれない。「そのあと、すぐに、大宮と海浜幕張にも出店します」。
スケールも、スピードも尋常じゃない。
創業からわずか18カ月で、北海道から愛知まで5都市5都道県に、様々なブランドを15店舗展開していることからも理解いただけるだろう。
取材時間の関係で、このスピードを生み出す原動力がどこにあるのかまでは聞きだせなかったが、答えのヒントは、ホームページに掲載されていた。
------Value----の項目4、「スピード」に次のように書かれている。
「1日にどれだけのアクションを起こせるか、失敗も成功も早い方がいい。完璧よりも時間を意識する。費やした時間は"二度"と返ってこない。」
時間の矢は、一方にしか進まない。かつ時間は、すべての人に平等なだけある。だからこそ、勝ち抜くためには「完璧よりも時間を意識する」ことが重要なのだろう。
稚拙であること、勇み足であることも、トライアンドエラーには、むしろ大事なのかもしれない。この勢いでいけば、高橋氏は、飲食というゲームそのものを変える、ゲームチェンジャーになるかもしれない。
いずれにしても、ゲームを支配するちからは、すでに、実証されている。

・・・続き

株式会社BIRCH 代表取締役 高橋光基氏

PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

5月30日は藤波辰爾選手率いるDORADITION旗揚げ15周年記念ツアーの観戦で後楽園ホールに行ってきました!

とても楽しかったです。

すべてのリアクション:
小林 正博、瀧井 泰、他45人
コメント6件
いいね!
コメントする
シェア

どんどん変化を加えていくぞ。

「飲食の戦士たち」再現動画版のチャンネル登録も増やしたいので、主人公のサラリーマン廣井を使っていろんなバージョンのスピンオフも考えてます。

「飲食の戦士たち」再現動画の登録チャンネルよろしくお願いします。


こちら https://in-shoku.info/foodfighters/vol881.html


戦略型総合人材採用会社キイストン

2023年6月5日月曜日

40年前ですが・・・・・・。

 6月2日、上岡龍太郎さん死去、81歳。

心よりお悔やみ申し上げます。
もう40年前ですが、「ラブアタック」の司会されてた時の写真です。
※右端の方が上岡龍太郎氏で、その横が私です。

2023年5月31日水曜日

株式会社ジェラフル 代表取締役 吉田 達二郎氏登場。

 in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”株式会社ジェラフル 代表取締役 吉田 達二郎氏登場。


本文より~

高校卒業までの吉田氏。

ホームページを開くと、生クリームと新鮮なくだものに彩られたスイーツが現れる。スイーツ好きな人は釘付けになるにちがいない。
2004年。東京汐留に8坪のショップがオープンする。それが、始まり。オープンから5年、年間休日3日、287連勤、月間450時間勤務を行い、鬼気迫る表情をひた隠ししつつ、ハードワークを続けたそう。
今回は、そのハードワークの張本人、関東を中心に中部や関西、中四国に、スイーツショップを展開する株式会社ジェラフルの代表取締役、吉田氏に話をうかがった。
吉田氏が生まれたのは、1971年。子どもの頃から独立志向が強かった、という。「神奈川県の厚木生まれです。兄が1人。私とは性格がまるで違います笑」。
吉田氏自身は、周りをみて気遣うタイプというからお兄様は寡黙なタイプなのかもしれない。もっとも、小学3年生までは、内気な性格だったとのこと。空気をうかがうタイプだったのだろう。
「父親がソフトボールの監督をしていたので、私もチームに参加していました。小4になったくらいから、明るくなって、振る舞いもかわってきた気がします」。
中学生に上がると、性格はよりオープンになり、ともだちを笑わせるなど、クラスで随一の人気者になっている。「中学から野球を始めたのですが、小学校ではソフトボールですから、野球経験者にはかなわなくて、途中でリタイアしました」。
高校でもサッカー部に入り、1年程度でリタイア。
これが、未来の引き金になるから、不思議。
「小さい頃から独立志向だったといいましたが、高校時代、学校には内緒でアルバイトをしたことで、その思いが強くなったというか、早く社会に出たいと思うようになります」。
どんなバイトをされたんですか?
「中華料理店です。年が離れた先輩たちと遊んでいるうちに、彼らがうらやましいと思うんでしょうね、私も早く社会に出てみたいと。もっとも、成績が学年ビリでしたから、進学校とはいえ、進学できたかどうかは微妙ですけどね笑」。
569人中、569番が、吉田氏の卒業時の順位。ひっくり返せば学年トップだ。こちらもなかなか取れるもんじゃない。

10年のモデル生活と、クレープショップと。

「高校を卒業して、百貨店の丸井に就職します。配属は、新宿丸井です」。百貨店には大量の客が来る。接客スタッフは1日中、立ちっぱなし。それで腰を痛めたそう。
「結局2年で退職して、水回りのトラブルを解決する会社に転職しました」。なんでも、たまたま見た求人広告がきっかけだったそう。
「フランチャイズ本部のスタッフとして、フランチャイズ希望者に講演会を開いてお話をするなど、貴重な経験を積むことができましたし、フランチャイズの仕組みを知ることができました」。
こちらの会社では3年くらいだったそうですね?
「20歳の頃から3年くらいです。300人くらいの希望者の前で講演したのは21歳ですから、なかなかできない経験ですよね。その時の勤務先は福岡で、会社を辞めて、神奈川にもどります」。
スカウトされた時は、その頃ですか?
「そうです。わりと有名なモデルエージェンシーにスカウトされて。もちろん、モデルだけじゃ食べていけないので、アルバイトも散々としました。80種類くらいやったんじゃないかな笑」。
要領が良く、何をしてもすぐトップレベルになったそう。その一方で、モデルの仕事も軌道に乗り出す。「20代後半からでしょうか。じつは、あのCMにも出演しているんです」。 あのCMとは、だれでも知っているメーカーのCM。ほかにも30~40本は出演していたらしい。それでも、モデル一本というわけにはいかない。
「私自身がプレイヤーとなってモデルエージェンシーを立ち上げるか、別の事業をするか、年齢を重ねるとそういった選択を迫られます。私は、前者には向きません。そういう時、たまたまご縁ある方からスイーツショップをやらないかとお声をかけていただいて。始めるには始めたんですが、まだ腹が決まっていなかったんでしょうね。最初は、モデルの仕事も継続していたんです」。
辞めるには惜しい職業でもある。
しかし、「2~3ヵ月でカベにぶち当たり、無理だとわかった」と笑う。両立は、限界だった。
「モデルやりながら、ショップも運営するなんて、先輩でもいるにはいますが、やっぱり離れ業だったんでしょうね。2~3ヵ月でモデル業を辞めます」。
モデルを始め10年経った頃。年齢はすでに30歳オーバー。

モデルのたまごを魅了したジェラートinクレープ。

「最初はジェラートのショップをしようと思っていたんですが、ショップの隣に映画館が出来ると聞いて、それならワンハンドで食べられるクレープがいいだろうと。それが、始まりなんです」。
狙いはいい。
1号店は、たしか、汐留ですね?
「そうです。でもね。結局、映画館ができる土地をもっていたのが郵便局だったもんですから、あの郵政民営化の影響でその計画がなくなってしまうんです」。
ただし、近くにあったモデル養成所の、モデルのたまごがやってきて、今でいうインフルエイサーのようになったそう。
「やると決めると研究熱心なところもあって、あっちこっちのクレープを食べまくります。新宿、渋谷…。でもね。悪く言うわけじゃないんですが、当時は、薄皮でパリパリ、クリームはスカスカっていうか。くだものだって、缶詰。これなら勝てるかなと思って、私はもっちりのクレープをつくります」。
それが、ヒットした?
「そうですね。当時から、ジェラートを乗せるというのはあったんですが、数種類だけ。そんななかで、もともとはジェラートをやろうと思っていましたから、うちは20種類以上のジェラートをご用意したんです。ジェラートinクレープですよね。これがヒットします。ただ、さっきもいったように、映画館の計画もなくなりましたから、大ヒットという意味では、つぎのお台場のビーナスフォートですね。催事的なスタンスで、いったん契約をします。結果を出さないと契約を切られる、背水の陣です笑」。
このビーナスフォートが、冒頭にあげたハードワークの舞台。オープンからクローズまで、いまでいうワンオペで、休みには年3日だったそう。
しかも、汐留のショップも経営している。
「汐留は、結局数年でクローズしちゃいます。代わりにというわけではありませんが、小田原にも、新宿にも出店することができました。小田原と新宿はキッチンカーのスタイルです」。
ジェラートinクレープ。もっちり生地で、ボリューミー。話を聞いただけで食べたくなる。ホームページをみているから尚更だ。
しかし、またまた限界に達する。

・・・続き

株式会社ジェラフル 代表取締役 吉田 達二郎氏

PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

2023年5月23日火曜日

株式会社マックスフーズジャパン 代表取締役社長 西田勇貴氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”株式会社マックスフーズジャパン 代表取締役社長 西田勇貴氏登場。

本文より~

香港で始まった理不尽な生活。

目が覚めると上司がいた。
「40歳後半の、日本で言えば本部長にあたる役職の方です。香港に渡ると、その方の家に放り込まれ、1年弱、共同生活です」と、今回ご登場いただいたマックスフーズジャパンの2代目社長、西田勇貴氏は笑う。
大学を卒業し、大手の食品メーカーに就職した西田氏は、入社1年目から香港に赴任。しかも、本部長との共同生活。想像しただけできついですね?
「今では1部上場もしている会社ですが、当時は香港のオフィスを立ち上げたばかりだったし、お金もなかったんでしょうね。それに、香港の住宅事情というのも特殊で、とにかくマンションが高い。60階、70階とかあって。背が高いぶん、家賃も高い(笑)」
6畳に3畳がくっついただけの住まいの家賃が日本円にして月30万円。物価は日本と変わらないが、住まいだけが異様に高かった。日本より土地が狭いからというのが西田氏の見解。
3畳の部屋はお手伝いさんが住む部屋なのですが、そこに住むこととなった。小柄な女性一人がやっと。かろうじて小さなベッド一つ置けるかどうか。体の大きい西田氏にとっては、足も延ばして寝れない広さだった。とにかく狭い。しかも、隣部屋には、本部長。
物理的にも、精神的にも息苦しいですね?
「ですねぇ。でも、1年くらい経った時かな、さすがにもうやばいと思って、本社に直訴です。なんとかしてくれ!って」。
どうでした?
「OKです」。
よかったですね?
「20万円くらいならいいぞって。だから私も最初は歓喜したんですが。うん? 20万円で借りられるか?って。日本だったら、いいところに住めますよね、でも、ここは、香港だぞ、と(笑)」。
香港には日本人など、外国人が住む高級なマンション街がある。本部長と暮らしたマンションは、その一角にあった。ただ、30万円。20万円では話にならない。西田氏は覚悟を決める。本部長の隣にもどるか、20万円で借りられるところで、我慢するか。
「香港にもスラム街のような雰囲気のところがあるんです。そのなかでも、とくにごちゃっとした下町のエリアがある旺角(モンコック)という街。ここは地元の人が住む場所で、女人街というコピー商品を売る露店が軒を連ねるど真ん中で私の第二の生活がスタートします」。
とにかく、匂いがきつかったと西田氏。
「臭豆腐という腐った豆腐のような食べ物があるのですが、その専門店が家の下にあったんです。毎朝5時頃にその匂いで起きるんです。最悪の目覚めです。それだけではありません。夜、帰宅して電気を点けるでしょ。そしたら100匹のゴキブリが一斉に姿を消すんです」。
なんともはや、ですね?
「でもね。仕事は面白かったし、向こうでラグビーを再開して、日本人ですが、年齢も企業も役職も違う人とラグビーができましたし。何より、本部長の隣じゃなかったから(笑)」。
ちなみに、配属された香港支社には本部長を含め日本人4名と、現地採用の社員、合計10名程度のスタッフがいたそうだ。本部長から逃げ出す格好になったが、じつは今も時に酒を酌み交わす関係がつづいている。西田氏いわく、「初めて出会った尊敬できる人」だったそうだ。

「やきとん まこちゃん」と西田氏の誕生と。

さて、時を遡ることになるが、西田氏の生い立ちに話を移す。西田氏が生まれたのは1983年。すでに父親が経営する「やきとん まこちゃん」は創業済。
ホームページを参照しながら当時を振り返る。
父親でもある創業者が「麻布十番 あべちゃん」で修行を開始したのが1966年のこと。2年後の1968年11月10日に「やきとん まこちゃん」を創業。1970年には現在の本店である「やきとん まこちゃん」をオープン。その翌年に、貿易事業を開始。1976年にはカナダ・バンクーバーで生雲丹の加工を行い、日本への輸出を開始。西田氏が生まれた翌年の1984年には、現在は休眠中だが、米国・ロサンゼルスに「MACK’S FOOD L.A.」を設立。立派な国際企業でもある。
つまり、西田氏の父親は、「やきとん」のオヤジであり、同時に国際派の事業家だった。
今では、日本屈指の「サラリーマン&のんべぇ」の聖地と謡われるようになった新橋だが、創業当時は、今ほどでもなく、苦労もされたようだ。ただし、西田氏が生まれる頃には、海外事業もされていることからも推測すると、すでに今のような大人気店になっていたのかもしれない。
「私が小さな頃には、海外へもよく出かけていましたね。『まこちゃん』も好調だったと聞いています。私自身ですか? そうですね。私には、2つ違いの妹がいるんですが、そのせいか、小学校の頃は女の子と一緒に遊んでいた気がしますね。サッカーとかスポーツもやってはいたんですが」。
中学から私学に進まれていますよね?
「そうです。中学受験で玉川学園に進学しています。別のクラブに入る予定だったんですが、結局ラグビー部に入部します。体が大きくなっていたからでしょう。先生に勧められたんです」。
それがきっかけで大学まで?
「わからないものですね。内部進学で玉川大学工学部に進学します。そこでもラグビーは続けていました。もっとも、中学からラグビー漬けだったので、大学3年時に籍は残していましたが、一旦リタイアして、遊びに比重を移します(笑)」。

就職したら辞令が降りた。香港へ行け。

1単位足らずで、留年されたと聞きました。
「そうなんです。まだまだ遊びたくて確信犯的に1単位落としたんです(笑)」。
大学時代は深夜のコンビニバイト、宅急便など色々なアルバイを経験している。卒業旅行では仲間と一緒に海外を回った。
ただ、それにしても、就職していきなり「海外勤務」とは。抜擢かどうかの、判断も難しい。
香港時代の話は冒頭でも触れたが西田氏はどんな思いで、異国の香港で暮らしていたんだろう。はっきりしているのは一つだけ。父親の会社を継ぐ気はまったくなかったということ。
香港ではラグビーを再開し、現地のコミュニティで可愛がられ溶け込んでいった。進んで帰国するつもりはなかったが、2年経った頃にラグビーで怪我をして帰国している。
結局、その会社に在籍していたのは計7年。「親父同様、人の下で働くことができないタイプなんでしょうね」。
ついに、会社を後にする。

5月23日、「飲食の戦士たち」再現動画版の第四話(株式会社KIWAMI 阿波耕平社長編)をアップしました。

「飲食の戦士たち」再現動画版の第四話(株式会社KIWAMI 阿波耕平社長編)をアップしました。

飲食経営やってみたいと考えてる人たちの背中を押せればと「飲食の戦士たち」の社長の生き様を再現ドラマ風にしYouTubeにアップしてます。
今回の第4話は、坪売上112万をたたき出し、お通しにモツ食べ放題のKIWAMI阿波社長です。
キイストンとの関係も深く、元リクルートで転職バーやられてた故鈴木康弘氏の出会いが阿波社長の人生を大きく変えました!
是非ご覧ください!
株式会社KIWAMI 代表取締役 阿波耕平氏【飲食の戦士たち:株式会社キイストン特別コラム】は
こちら https://in-shoku.info/foodfighters/vol881.html

戦略型総合人材採用会社キイストン