2019年7月18日木曜日

グルメ杵屋レストラン様で新しい試み、『すごいお子様プレート』というお子様メニュー誕生!!

グルメ杵屋レストラン様が新しい試みを。
なんと令和式『すごいお子様プレート』というお子様メニュー誕生!!
かえつ有明中学校・高校の調理部と一緒にコラボしてメニュー開発されました。

告白編

思い出編
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

株式会社飲ミュニケーションズ 代表取締役 中村 建(なかむら たつる)氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”株式会社飲ミュニケーションズ 代表取締役 中村 建(なかむら たつる)氏登場
本文より~

「ニコバー」。


年1回、放映される27時間の特番は50万ビューもあるそうだ。「飲ミュニケーションズ」のニコバー通信の話である。
「ニコバー通信っていうのは、隔週で放映している私たちの番組です。ツイキャス・YouTube・FRESH!の同時放送で生放送しています」。こちらも1回あたり3万ビューくらいはあるそうだ。
今回、ご登場いただいた中村氏がニコバー通信のもととなるニコバーをオープンしたのは2009年のこと。学生時代にアルバイトで知り合った熊谷氏と二人で共同経営というスタイルで立ち上げたダイニング・バーである。
「最初は、『ブレイク&BARケセラセラ』って店名だったんですが、お客様が『ニコバー』『ニコバー』って言いだして。ネット検索でも『ニコバー』が優勢になって、それでもう観念して、ぼくらも『ニコバー』っていいだしたんです/笑」。
「動画をみながら、飲食できる」のがコンセプト。
いままでなかったタイプの飲食店だ。

秀才、アルバイトに没頭する。

札幌市西区。「区と言っても、熊がでる」と中村氏は笑う。中村氏が、この西区に生まれたのは、1981年。兄弟は2人で、6歳下に弟がいる。
小学生の頃から学力はつねに学年トップクラス。高校は、北海道でもナンバー1の「札幌北高校」。高校では、あまり勉強しなかったというが、現役で「北海道大学」に合格している。
「もっとも、5年通って、3回生のまま退学」と笑う。
「Boys, be ambitious」。青年、中村はどんな大志をいだいたのか?
「大学を退学することになった理由はシンプルで、単純に授業に出なかったからです/笑」。
じつは、中村氏。19歳から、家庭教師派遣の大手企業で営業をはじめ、学生代表という肩書きまでもらっている。なんと、おなじ立場でもある学生アルバイトの時給まで決めていたというから、すごい。
「正社員とおんなじです。ネクタイもちゃんと絞めて、週6日は営業。大学行くヒマもないわけです/笑」。
たしかに、大学には行かなかったが、ある意味、大学に通うより勉強になったのではないだろうか。大事なビジネスのパートナーにも出会っている。
「そうなんです。この会社で、いまの共同経営者の熊谷と出会うんです」。じつは、熊谷氏は、その家庭教師派遣の会社で部長にまでなっている人だ。
「当時は、まだ部長ではなかったんですが、『中村、ちょっと手伝ってくれって』、何度か誘われて、夏の1ヵ月だけとか、千葉では8ヵ月、彼の下で仕事をしました。その頃から2人で起業しようと話あっていたんです。ハイ、それで2009年に会社を設立して。ぼくがたまたま社長になっただけで、共同経営です」。

100×100の公式。

現在、ニコバーは全国に15店舗ある。うち10店舗が直営。残り5店舗がフランチャイズである。中村氏は早々にフランチャイズを20店舗まで拡大していきたいとしている。そういう意味では、今からが加速期間となる。
「将来的には、飲食でシェア№1の会社になろうと。それが、一つの我々の目標です。ただ、いますぐじゃない。30年後くらい先をゴールにしています」。
その時、つまり30年先には、1000店舗を展開するようなメガブランドは生き残っていないだろうと、中村氏は読む。では、どうすべきか。どうあるべきか。
その答えを中村氏は、「100×100」という公式でみちびきだす。
「いま急いでいるのは、全国各地で経営者を育成することです。全国展開しているのも、その理由の一つ。1人1人の経営者を核にして、ビジネスを進めていきたと思っています」。
「いま、東京、大阪にそれぞれ直営店が3店ずつあるんですが、3店舗あるといろんな意味で安定します。だから、ほかのエリアでも3店舗の出店を考えています。ただ、ニコバーだけではなく、異なったブランドがあれば、もっといい訳で、いまそういったことも模索しています。最終的には100ブランドをつくり、それぞれ100店舗以下ですが、出店する。それが、いまの構想です」。
「ぜったい、そんな時代がくる」と中村氏は強くいう。時代がかわれば、飲食もかわる。しかし、かわることがわかっていても、どうかわるかは、別の話。「インスタ」や「フォトジェネック」が、キーワードになるとは、だれも想像しなかったはずである。
だが、いまは、和食の料理人でさえこういう。「この料理は、インスタ映えを狙っている」と。
・・・続き
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

株式会社丘里 代表取締役 中村康彦氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”株式会社丘里 代表取締役 中村康彦氏登場
本文より~

14万人の古河市で、年間42万人が来店する名店の、そのはじまり。

昭和46年、両親が喫茶店を開業する。これが、株式会社丘里のはじまり。いまや人口14万人の古河市で、年間42万人を集客する会社となっているが、そのはじまりは、そう華々しくはなかったようだ。
「父も、母も、素人ですからね。しかも、喫茶だけではなく、料理もだしていました。もちろん、ちゃんとしたコックさんを採用して。でも、当時の料理人っていったら、経営者の話も聞かないような人ばかりでしょ。けっきょく、その人たちのおかげで経営もうまくいかない。どちらかというと落ち込んだ母や父をみて育ったようなもんです」。
当時の月商は200万円強だったそう。料理人もつかっている店だから、利益はわずかしか残らない。
「そうですね。うちにお金はなかったですね。もっとも、私は3歳から高校2年までピアノを習っていますから、それなりにお金を遣ってもらったんでしょうが…」。
高校2年まで、じつは音楽で生きていこう、と思っていたそうだ。「でも、うちにお金がないのがわかりましたから、『こりゃぁ、オレがなんとかしなくっちゃ』と。ええ、それで、大学に進学せず服部栄養専門学校に進みます。私が料理をできれば、両親がさんざん泣かされてきた問題が解決しますからね」。

ベルギーのブリュッセル。料理人、中村の生まれ故郷。

服部栄養専門学校に通い、卒業後、3年間、ベルギーのブリュッセルにある「レストラン田川」に勤めている。「う~ん、これはですね。音楽やっていたでしょ。ベルギーとかね。ヨーロッパには関心があったんです。それで、卒業の時に向こうではたらくチャンスをいただけたんで、まっさきに手を挙げて。ハイ、これは、両親にも相談しなかったですね」。むろん、いますぐ帰っても、役立たないことはわかっていたからの選択だろう。
どうでしたか? ブリュッセルは?
「いろいろな意味で、修業になりました。ブリュッセルにあるといっても、『田川』は、日本にある和食店とそん色ないんです。料理人も、たん熊さんや、吉兆さんからいらしているような人ばかり。ええ、もちろん、日本人です。しかも、日本のトップクラスの料理人です。そんな彼らの下で、料理の勉強ができたのは財産ですね。しかも、ヨーロッパなんで、和食にない食材、たとえば、フォアグラやキャビアもつかうんですね。日本では、到底できない経験です」。
もっとも朝8:30~夜の12:30までぶっ通し。長期の休みには、ヨーロッパの国々をめぐるなど、楽しみもなくはなかったが、修業漬けの日々。「じつは、私、むかしから不器用で、箸もちゃんともてなかったんです。だから、休憩時間には箸で米粒をつかむ練習をしていました」。1年間、みっちりやったそう。中村氏はとにかく、やりつづける。ちなみに3年間で、給料は35000円から115000円にアップしている。

帰還すると、すぐさま月商が3倍になる。しかし。

「ベルギーからもどり、赤坂の料亭『田川本店』で、今度も3年勤め、25歳の時に両親のもとで仕事をするようになりました。なんでも、私が店に入ることを知って、当時いた料理人は、辞めたそうです。経営者が料理のことがわからないから、たぶんやりたい放題だったんでしょうね。私が帰ると、それができなくなる/笑」。
店のいい悪いは、料理だけで決まるわけではない。ただし、「旨い」、これは間違いなくキーワードである。父親も素人ながら、料理をしたこともあったそうだが、素人の域はでなかったのだろう。
「そういう素人でもできる、というのがあったんでしょうね。私がもどった時は、スパゲッティやサンドウィッチなど、素人でもできるメニューもあった。でも、それじゃだめなんですね。だから、一切、止めて、和食に絞ります。すると、月商がいきなり3倍くらいになり、造りも改めると月商1000万円をオーバーするようになりました」。
息子の仕事にご両親もさぞ目を細められたことだろう。しかし、そんなできる息子だから、躓くことになるから、人生はわからない。
「月商が1000万円オーバーした頃ですね。2号店のお話をいただいて。そうですね。あの頃がいちばん辛かったかな」と中村氏は独白する。
「原因は、人です。2号店をだしてからしばらくして、6人いた板前のうち5人が一斉にいなくなったんです」。アルバイト・パートだって、辞めていく。店も開けられない。「原因は私です。だって、当時、料理人は私の道具でしかないと思っていたくらいですから」。
過去のことがある。泣かされてきた父母への思いもある。だから、尚更、すべてが上から目線だったのだろう。母がこっそり退職の理由を聞くと、決まって「板長がイヤだから」という返事だったそう。板長とはいうまでもなく、中村氏のことだった。
・・・続き
株式会社丘里 代表取締役 中村康彦氏
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

観葉植物が8年でこんなに・・・・・。

事務所移転時の観葉植物が8年でこんなになりました。
知らない間にこんなに月日が経ってるんですね・・・。
人も一緒。成長してくれています。

96x96

戦略型総合人材採用サービス会社キイストン

新人、いきなり月間目標達成!!

4月入社の2人。
7月から目標持ちましたが2人ともいきなり月間目標達成しました。
2人とも社長取材で頑張ってくれ、8月以降も沢山ネタ持ってます。
『効果にこだわる』、『同業他社とは違った採用戦略』を武器に良い仕事してもらってます。
早く平均年齢20代の営業の皆に移行し暴れてもらいたい。
96x96

戦略型総合人材採用サービス会社キイストン

2019年7月12日金曜日

夕刊フジ「飲食FC(フランチャイズ)で第2の人生」にて3連載でやきとり大吉のダイキチシステム様取り上げました。

夕刊フジの新連載「飲食FC(フランチャイズ)で第2の人生」が5月17日(金)よりスタートしましたが、
6月28日(金)、7月5日(金)、12日(金)でやきとり大吉のダイキチシステム様について記事掲載させて頂きました。
zakzakにも同時掲載しています。→こちら
(No.1)
(No.2)
(No.3)
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

2019年7月11日木曜日

「飲食の戦士たち」、マンガームービー第2弾!!

「飲食の戦士たち」、マンガームービー第2弾!!
飲食の経営者の生き様をまとめた「飲食の戦士たち」700連載突破を記念して
「飲食の戦士たち」のマンガムービーを時代の流れに合わせ誕生させました。
その第2弾坂東太郎様が完成しました。
ご覧ください。
マンガムービーはキイストンとトレンドプロとの合同企画商品です。
こちらは「飲食の戦士たち」です。
坂東太郎・青谷会長(飲食の戦士たちより)
https://in-shoku.info/foodfighters/vol469.html
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)