2019年2月12日火曜日

株式会社四季の台所 代表取締役 洲之内 克氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”株式会社四季の台所 代表取締役 洲之内 克登場
本文より~

恵比寿生まれの恵比寿育ち 両親が飲食店を経営。

親戚が経営していた飲食店で修行し、父親が、中華料理店『赤とんぼ』をオープンしたのは1981年。これが、始まり。地域の住民がいつでも気軽に入れる食事処として『赤とんぼ』は気流に乗る。
「『なかよし』がオープンしたのは1989年です。もともと『なかよし』っていうお店があって、そちらから屋号も譲っていただいて、再オープンしたんです。ぼくが15歳の頃ですね」。
サックスのかっこよさに憧れ、高校では吹奏楽部に入部。
進学した高校の吹奏楽部は、当時から全国大会の常連で大勢の部員が祖属していた。サックスをやりたかった洲之内氏だが、オーボエに決まる。「吹奏楽部ではありましたが、部活スタイルは体育会系でしたね。毎日練習に明け暮れました。だから、東京のど真ん中に通っていたのに、ぼくらはあそびを知らないんです/笑」
吹奏楽漬けの高校時代を終え、洲之内氏は2浪ののち中央大学に進学する。
「もともと、うちを継ぐと思っていましたから、大学は行かないでいいやって思っていたんです。だって、行っても意味がないし。でも、その時、あの怖い親父が「大学はたのしいぞ」って囁くんです。そうか、そうだよな、そう思って、結局、2浪もしちゃいます。吹奏楽ばかりで、ぜんぜん勉強してなかったですからね」。

サラリーマンとして8年勤務。

「1993年には、横にあったお店も買って、それでカベをぶち抜いて一つにします。ぼくがまだ浪人中の話ですね。大学でも管弦楽部に入ります。そこでも担当はオーボエです」。
「親父が言う通り、楽しい学生生活を送って卒業です。うちの『赤とんぼ』も好調だし、『なかよし』も悪くない。でも、ぼくは、いったん就職する道を選びます」。
埼玉にある不動産会社だった。「営業です。当時、社員数2,000人くらいだったと思います。同期も300人くらいいたんじゃないですか」。
就職先では営業部に所属。
「ぼくらの事業部で営業は100名くらいいたかな。もともと、いつかは家業を継ぐつもりでしたが、その前に社会を体験するようなイメージですね。でも、始めてみると仕事も楽しくなって、辞めたくなくなっていくんです」。

2代目候補、暖簾をくぐる。

「結局、31歳になるまでの8年、在籍しました。宅建、ファイナンシャルプランナー、2級建築士の資格も取得しています。だから、うちの店を継ぐって選択肢は、だんだんなくなっていくんです。両親も何も言わなかったですし」。
ところがある日、突然、「店を継ごう」と思った。「なんででしょう。ぜんぜん意味不明ですね。でも、突然、そう思っちゃったんです」。
退職の翌日の12月1日には、2代目候補として暖簾をくぐっている。「今思えば、不思議ですね」と洲之内氏。「じつは、翌年の2月。父親が他界します。まったく、そんなこと思ってもいなかったです。数ヵ月だけですが、いっしょに働けて嬉しかったです」。
店の経営は好調だった。「『赤とんぼ』『なかよし』の2店の経営で、それなりの生活はできました。ただ、これで終わりたくない」。
・・・続き
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

ダンデライオン・チョコレート・ジャパン 代表 堀淵清治氏登場。

(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”ダンデライオン・チョコレート・ジャパン 代表 堀淵清治氏登場
本文より~

アメリカで送った、ヒッピー生活。

ヒッピーっていまも存在するのだろうか。少し調べてみた。ヒッピーは、カウンター・カルチャーなんだそう。当然、ファッションにも、芸術にも影響を与えている。昔、イメージしていた以上に、ヒッピー的な生きかたは、広範囲に広がっているのがわかった。ファッションや映画、音楽を通じて日本にも波及している。ちなみに「ヒッピー」が生まれたのは、1960年代後半ということだった。
今回、改めてヒッピーを調べてみたのは、ご登場いただいた堀淵氏が「ヒッピー生活を送った」というからだ。堀淵氏は1952年生まれ。ビートルズやローリングストーンを通して、世界を知った。そんな世代だ。
「まだ、学生運動が華やかなりし頃で、ぼくは早稲田大学の法学部に進みました。授業はなくレポートだけ。バンドとマージャンに明け暮れた生活を送っていました。そんな中、大学3年の時にともだちと1ヵ月サンフランシスコを旅して、すっかり魅了されてしまうんです」。
アメリカに?
「そうですね。それで、卒業と同時に渡米しました。学生ビザで入国し、カリフォルニア州立ヘイワード大学の文化人類学修士課程に進みます。もっとも、こちらは退学し、それから2年くらい、サンフランシスコから4時間くらい車で行った山のなかで、ヒッピー生活をします」。
「自由」。ヒッピーは体制的なものからの解放を意味している。日本の学生たちが叫んだものも、それにちかいのではないか。
一方、日本では思想的なものよりも、現実的なアメリカ文化の移植が盛んになる。アメリカのTシャツや中古のジュークボックス、ビリヤード台などもその一つで、実は、堀淵氏は個人商店を設立し、この仕事を行っている。
ヒッピー生活は終了したんだろうか?
「起業は、ぼくが31歳のとき。アメリカのポピュラーカルチャーを日本へ、というテーマで仕事を開始しました」。ちなみに、ポピュラーカルチャーのなかにはサブカルチャーも含まれる。堀淵氏が日本に送ったのは、当時の日本人には、充分、マニアックなサブカル的なものだったのではないだろうか。

日本の漫画は、もう、ここまで進んでいるのか。

「衝撃を受けたのはぼくだけではないと思いますが、大友克洋氏の『童夢』は、やはり鮮烈でした」。ちょうど帰国した時の話である。「久々に、日本にもどって、たまたま『童夢』を読む機会があって」。大友氏の、写実的で、それでいてドライなペンタッチは、従来の漫画と一線を画す。「AKIRA」もまた大友氏の作品だ。
「正直、日本の漫画は、ここまで進んでいたのかと、びっくりしました。浦島太郎になった気分です。それもあって、ぼくが33歳のときに小学館のオーナーとサンフランシスコで出会い、『日本の漫画をアメリカにもっていったら、面白いと思うんですよ』って言ったら、『そうだね』って話になり、小学館の出資を受けて『ビズコミュニケーションズ』を設立し、ぼくは上席副社長に就任しました」。
むろん、ミッションは、日本の漫画をアメリカに輸出すること。ただ、当時のアメリカの書店では、漫画が冷遇されていたそう。「それで、漫画の出版比率を少なくして一般書籍を増やそうと計画を立てたんですが/笑」。
その話をプレゼンすると、当時の小学館の専務が、「ふざけるな!」と一喝され、灰皿を投げつけられたそう。「さらに、『初心に帰れ』とね。怒鳴られて、『あ、そうだ』ってね。鎮火しちゃっていた漫画にかける思いが、再度、メラメラと/笑」。現在、堀淵氏は、日本の漫画文化をアメリカで流通させた立役者、世界に広げた第一人者として知られるが、それは同時に、このとき再着火した炎が、ついに掻き消されなかったことを証明している。

多彩で、多芸。2016年、ダンデライオン・チョコレート・ジャパンCEOに就任。

「小学館と集英社が合弁したのに合わせ、『ビズコミュニケーションズ』は、『ビズLCC』へと社名を変更します。そのときに、社長/CEOに就任しました。また、日本映画の配給を行う『ビズピクチャーズ』を設立し、こちらでも社長/CEOに就任します」。
実は、2015年に「ブルーボトルコーヒージャパン」の共同代表を務めている。
「『ビズピクチャーズ』が『ブルーボトルコーヒー』などをテナントとする複合商業施設「NEW PEOPLE」を2009年にオープンしたことがきっかけで話が進み、6年後の2015年に日本に上陸。そのときに、共同代表を務めることになりました」。
多彩で、多芸、様々な顔をもつ。ただ、ご本人は、やりたいことをやってきただけというだろう。
「その後、日本の第1号店である清澄白河店と2号店の青山店をオープンさせたのち、ブルーボトルコーヒージャパンを辞任しています。そして、翌年に『ダンデライオン・チョコレート』の日本上陸に参画し、ダンデライオン・チョコレート・ジャパン株式会社のCEOに就任しました」。
そういう意味で、いまやりたいのが、これ。「ダンデライオン・チョコレート」だ。
・・・続き
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

2019年2月5日火曜日

「飲食の戦士たち」、さらに加速させます!!

飲食企業の社長の生きざまを伝える「飲食の戦士たち」ですが、
2月より週2社掲載で4月くらいまで加速させ、4月には700社連載突破させます。
併せて、もっと親しみ持っていただくよう、漫画を用いた動画版もスタートさせます!! 

乞うご期待ください。
96x96

戦略型総合人材採用サービス会社キイストン

松葉屋株式会社 代表取締役 宮南 譲氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”松葉屋株式会社 代表取締役 宮南 譲氏登場
本文より~

東大へ行け。

父の指令はまんざら無理難題ではなかった。「父は、教育熱心な人で、私は小学生の頃から塾通いを始めます。中学の時は、めざせ、東大です」。
そう言って笑うのは、料亭「松葉屋 赤坂本店」などを運営する老舗企業、松葉屋株式会社の代表取締役、宮南譲氏だ。
「小学校の頃はスポーツ中心で、野球やサッカーをしていたのですが、事故で足を骨折してしまってサッカーができなくなり、勉強の虫になりました。中学では、足が治り、サッカーを再開。東大をめざしつつ、スポーツでも手を抜きませんでした」。
文武両道?
「そうですね。才能があるというより、努力家だったと思います」。
高校は、慶應義塾大学の付属に進む。
「父に、『大学は医学部に入れ』とハッパをかけられ、高校1年の時は、かなり猛勉強するんですが…、さすがに、レベルが高く、白旗を上げるんです」。
「どうしても無理と父に伝え、あきらめてもらった」と笑う。
医学部に行くには、10段階評価で8.5以上が必要だったが、どうしても、とどかなかったらしい。2年から方向転換し、文系へ転じる。

あと2日休んだら…。

「1年からラクロス部に入っていたんですが、1年の時は勉強中心でした。でも、文系に移った2年からは、だんだんウエイトがラクロスよりになって/笑」。
授業にも顔をださなくなり、「あと2日休んだら、会議にかける」と通達までされている。それもあって、3年に進学する時にはラクロス部を辞め、改めて勉強中心の日々を送った。
「成績は、悪くはなかったですね。大学進学時には、高校の成績でどの学部に行くか決まるんですが、私は文系であれば、どこでも行けるような成績でしたから」。
もちろん、内部進学での話である。ここでも実は、父の助言を無視している。
「父からは経済学部へと言われていたんですが、進んだのは法学部でした。最初は弁護士をめざしたんですが、難しすぎて断念です」。
案外、結論を早く出すタイプだ。
ただ、次の目標はなかなか諦められなかった。
その目標は、パイロット。

セスナからジャンボへ。ただ、結局、セスナにも乗れず。

「大学2年の頃ですね。先輩に影響されて、パイロットをめざします。でも、JALやANAなどを受けるんですが、全敗。普通なら、もう断念しちゃうわけですが、父に相談して2年間アメリカの航空専門学校に進むことになります。セスナからジャンボへ。そういう段取りでした」。
なるほど。それで、アメリカへ?
「そうです。でも、進んだのは、ビジネススクールです」。
「多少わけがあった」と宮南氏。
要約すると、こうだ。当時付き合っていた彼女が反対する。アメリカに行くなら「籍だけ」でもとなる。それまでは、彼女の父親が何をしているか知らなかった。むろん、松葉屋の娘だとも知らない。
「むこうは娘3人です。彼女は長女。つまり、私は、跡取り婿の候補だったわけです。だから、アメリカくんだりまで行くのなら、『その前に籍を』ということでした」。
跡取り、つまり養子という話である。宮南氏は、両親と相談し、籍を入れた。アメリカの2年間は許されたが、「松葉屋」の跡取りに、パイロットの免許はいらない。だから、ビジネススクールに進んだ。彼女、つまり、奥様といっしょに渡米する。
その2年後、帰国した宮南氏は、次代の店主候補として、義理の父母が待つ「松葉屋」に就職。結局、セスナには乗れず仕舞いである。
・・・続き
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

株式会社遊ダイニングプロジェクト 代表取締役 和田成司氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”株式会社遊ダイニングプロジェクト 代表取締役 和田成司氏登場
本文より~

激安、ハイボール。

角ハイボール50円、サワー、カクテル、焼酎99円、生ビール280円。生ビール280円は聞いたことがあるし、飲んだこともあるが、角ハイボール50円は飲んだこともないし、初めて聞いた価格である。
ついでにいえば、同社は加盟店を募集しているが、加盟金50円。誤植ではない。正確に書いて「50円」。ついでに言えば、ロイヤリティも50円。
この型破りな店を展開しているのが、和田成司氏。1982年生まれの敏腕経営者だ。
「高校まではずっと地元で育ちます。高校1年から3年まで焼肉屋でバイトをしていて、その時にバイト仲間だった親友と『いっしょに焼肉屋をやろう』って語り合っていました。でも、その親友は、バイクで遊んでいる時に亡くなってしまうんです」。 数週間はなにもできなかったそう。
「でも、涙が乾いてきた時に、改めて誓うんです。約束だから。そう、約束だから、私1人になっても焼肉屋をしようと。そして、いつも笑っているような、楽しい社長になろうって」。

200万円貯めて、独立。

高校を卒業した和田氏は、調理の専門学校に進む。むろん、焼肉屋を開業するためだ。そちらの学校を卒業してからは、いよいよ実践。有名な焼肉店「鳴尾」に就職する。
「私は21歳で結婚するんですが、その頃から現実的に独立をめざすようになります。同期には、『子どもがいるんだから独立なんて無理』って言われるんですが、社長の佐藤さんからは、逆に『だからこそやれ!おまえみたいなアホが成功したら他の人達の夢になる!』って激励していただきました。ええ、社長は、私にとって師匠の一人です」。
6年間、在籍した。
「鳴尾の佐藤社長は、きびしさのなかにも、やさしさがある人です。そうですね。ずっと、本を読めと言われていました。気づきや学びも、社長から教わったことです」。
日雇いのバイトもして、200万円を貯めた。そして、独立。

全くうまくいかず。

「独立して、もちろん焼肉屋をはじめます。親友との約束をようやく果たすことができたわけですが…」。1店舗目はそこそこ、うまくいったものの、亀有に2号店を出店するが、こちらは全くうまくいかず、3か月で撤退。
「3店舗目に居酒屋業態を立ち上げるのですが、こちらも、あきらかに失敗。さらに同時期に350万円、横領されてしまいます。とにかく、生活もギリギリです。独立してからはうちにもなかなか帰れなかった。でも、奥さんは何一つ文句をいいませんでした。いまあるのは彼女のおかげです。ええ、感謝しています」。
チャンスは、ふいにやってきた。
「知り合いの肉屋が経営していた居酒屋を辞めるから、『どうだ』って話をふってくれたんです。松原団地駅近くにある100席のお店でした。もちろん、新たに出店するといっても資金はカツカツです。だから、ホームセンターで資材を購入し、看板も拡大コピーしてつくりました」。
拡大コピーした用紙を両面テープで貼り付けながら、広いフロアを見渡して、「1度でいいから満席にしてみたい」とつぶやいた。
たしかに、100席が満席になれば、和田氏の人生、初の快挙だ。
・・・続き
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

同級生の一瀬とのツーショット!

京都から京北銘木生産協同組合で偉いさんやってる同級生の一瀬君がビックサイトに仕事で来たので、会ってました。
爪楊枝に名前入れる特許の商材、これ使えるな。
飲食企業様にもきっと喜ばれそうです。

この一瀬には、実家の植木の手入れや自宅で採れたての野菜も送ってくれたり、大変助けてもらってます。

2019年2月4日月曜日

2月1日(金)発行の夕刊フジ「over60(ロクマル)世代応援企業30」は、ユサワフードシステム様です。

60代・70代で頑張ってる人、働きたい人を応援!(キイストン寄稿)

2月1日(金)発行の夕刊フジ「over60(ロクマル)世代応援企業30」第17回(17社/30社)は、ユサワフードシステム様です。
60歳以上のシニアが10%を超えるそのひとりが大船店の厨房で腕を振るっている67歳の竹越昇氏です。   竹越氏の料理好きは幼少の頃からのようで「小学校に入る前から、包丁を握っていました。父親が釣り好きで、釣ってきた魚をさばくためでしたけど」と語る。そのせいか、料理が好きになり、現在まで40年以上も続いておられます。
  (夕刊フジより)
「over60(ロクマル)世代応援企業30」の取材を70歳の元編集プロダクション社長の土金さんにお願いしております。
ライター

【氏名】土金哲夫(ツチガネテツオ)
【生年月日】昭和23(1948)年9月25日
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)