2018年11月13日火曜日

株式会社NATOMICS 取締役社長 関 斉寛氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”株式会社NATOMICS 取締役社長 関 斉寛氏登場
本文より~

チャンネル登録数、1万人オーバー/2018年8月現在

インタビューさせていただいてから、この記事を書くまで1ヵ月程度、空白があった。その間、関氏の動画のチャンネル登録数は1000以上アップし、9月現在、1万人をオーバーしている。
「動画を作成し、アップしたのは2018年からです。実は、昨年、中国の蘇州にある調理師学校にお招きいただいて、その時、動画という手もあるなと思ったのがきっかけ。動画なら何万人もの人を相手にお料理を教えて差し上げられる。その一方で、実は私も楽しんでいるんです。和食の料理人がつくるイタリアンとかね。お店とは違ったアイデアを盛り込んだりして。リクエストも楽しみの一つなんです」。
たしかに、画面に登場する関氏は、楽しくてしかたがないように観えるし、関氏の人間性も、よく表現されている。
「ただ、これでは利益がでないでは?」と貧乏性のこちらは心配になるのだが、「利益じゃないんです。お料理の楽しさをたくさんの人に伝えていきたいんです」と、キラキラした目でいう。たいしたものだ。
今回は、そんなユーチューバー?でもある関氏に話をうかがった。

小学2年、まぐろの漬け丼をふるまう。

父親は、工学博士。人口雪の研究をされていたそうで、現在も大学で教鞭をとられているという。母親は、大手重工メーカーで事務をされていたが、調理師の免許もお持ちだったそうで、関氏も少なからず影響を受けている。
関氏が生まれたのは1984年。小学1年生の時に、厚木から千葉県佐倉市に引っ越している。小学1年生から母の料理の手伝いをし、小学2年生には『まぐろの漬け丼』をつくっていたそう。ともだちが来ると、得意の料理をふるまったというから、筋金入りだ。
スポーツはサッカーにのめり込んだ。スポーツ推薦で高校にも進んでいる。
「でも、高校生になってからは、ぜんぜんサッカーはしなくって。ちょっと悪ぶっていた時代ですね。そっちのほうがもてるかなって/笑」。
軽い気持ちだったのだろうが、一度、悪い方向に進むと、なかなかもとにもどれない。「実は、高校3年になった時には、卒業まで怪しくなって/笑。さすがに焦ります。とにかく『高校だけはでてくれ』と母親に泣かれたこともあって…」。
なんとかしなくっちゃ。ただ選択肢は、そう多くない。
「そのままでは、卒業もできそうになかったもんですから、通信制の『翔洋学園高等学校』に転校しました」。通信制といっても、校舎があった。そちらにも通いつつ、この頃から料理と真剣に向き合いはじめる。

「おいしかったよ」「ごちそうさま」に、魅了されて。

関氏の歩みを伺っていると、まさに「ザ・飲食の戦士」である。
とにかく、料理をはじめた年齢も若く、キャリアも長い。しかも、何より料理が大好き。
料理の前では「無垢」になれる人なのだろう。今日は、どんなふうにお客様が喜んでくださるだろうか。料理をしている間、関氏の頭にあるのは、ただ、それだけのような気がする。
関氏が小学校の頃から友人に料理をふるまっていることはすでに書いた。母親の影響が大きい。
高校1年。サッカーの推薦で高校に進学した関氏だったが、サッカーはそっちのけで、悪ぶるなどしたことも、すでにお話した。ただ、まだお話していないことが一つある。
高校1年からはじめた飲食の仕事である。
「高校1年から、ガソリンスタンドでバイトをはじめるんですが、やっぱりその頃からお料理が好きだったんでしょうね。中華料理店にチェンジして。ハイ、最初はホールでしたが、まかないでチャーハンをつくらせてもらって、それで『キッチンにはいってもいいよ』と。高校3年から通信制の学校に転校したこともあって、べつのお店で仕事をしていたんですが、こちらのお店の店長がお休みの時には、私が臨時で、店長をしていました」。
「おいしかったよ」「ごちそうさま」。料理をつくらせてもらって、そのうえ、感謝も、お金もいただける。こんないい仕事ほかにない。この仕事でやっていこう。
バイトだったが、心は、料理人へ、まっすぐに動きだす。
・・・続き
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

2018年11月11日日曜日

キイストンだから出来ることを追求していきます。

「飲食の戦士たち」で社長取材させていただいたおかげで
経営者と経営者とのセッティングを今年はたくさんやっております。

キイストンとしてどれだけ関係する企業様に役立つことが出来るか、またそのセッティングの質の高さはどうか検証しています。

おかげさまで自分が思っている以上のセッティングができてるので、これはキイストンの付加価値になりそうです。

今後のキイストンを考え、「キイストンみらいプロジェクト」も私のブレーンと一緒に社内で取り組んでいきます。

平成から次の新元号になるのでキイストンも時代のニーズにあわせ成長していきたいです。
96x96

11月9日発行の夕刊フジ「over60(ロクマル)世代応援企業30」は、トーホーエージンシー様(山崎社長)です。

60代〜70代で頑張ってる人を応援!(キイストン寄稿)

11月9日発行の夕刊フジ「over60(ロクマル)世代応援企業30」第6回(6/30社)は、トーホーエージンシー様(山崎一彦社長)で、パート45人中8人がシニア世代が在籍されています。
取材は弊社の元編集プロダクション社長で70歳の土金氏です!
(夕刊フジより)
「over60(ロクマル)世代応援企業30」の取材を70歳の元編集プロダクション社長の土金さんにお願いしております。
ライター


【氏名】土金哲夫(ツチガネテツオ)
【生年月日】昭和23(1948)年9月25日
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

2018年11月6日火曜日

イートアンド株式会社 代表取締役社長 仲田浩康氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”イートアンド株式会社 代表取締役社長 仲田浩康氏登場。
本文より~

インベーダーと大阪王将。

その昔、大阪では、国鉄の環状線はもちろん、私鉄のどの駅を降りても、駅前には「大阪王将」があった。メニューは、たしか餃子とビール。当時、高校生だった私は、友人といっしょに頻繁に餃子を食べに行った。「10人前食べれば、無料」。一度は、挑戦してみたかったが、いまだ出来ずじまいである。
ところで、以前、2代目社長である文野直樹氏を取材した際、昭和50年前半ばになって、業績が下降した要因としてインベーダーゲームの登場を挙げられていた。興味深い指摘だったので、いまも記憶している。
文野氏の言う通り、インベーダーゲームをはじめ、アーケードゲームの登場によって、「食」は、身近なレジャーの座を奪われたと言っていい。
ちなみに、当時、餃子1人前が100円。インベーダーゲームも100円。いままで100円玉をにぎって大阪王将に向かっていた学生たちが、同じように100円玉をにぎりゲームセンターへ向かった。いまになって思えば、インベーダーたちは、大阪王将のファンを狙い撃ちしたかのようである。
さて、その「大阪王将」。
いまではご存じのように、餃子とビール以外にも、バラエティ豊かな料理の数々がある。郊外に出店するなど、駅前というイメージも薄れてきているのではないか。その「大阪王将」を運営してきたイートアンドは、「大阪王将」以外にもラーメン店の「よってこや」など多数のブランドを展開している。
ただ、それだけではない。
文野氏を取材した際、今後は食品メーカーに舵を切るようなお話しをされていた。具体的には「中食」と「内食(冷凍食品)」を挙げられていたはずだ。
その一つ、「冷凍食品」がいまや外食と匹敵する規模に育っていると伺った。立役者は、ダイエーで勤務されてきた仲田浩康氏。今回、ご登場いただいた飲食の戦士である。

高卒、巨大な流通企業で暴れる。

仲田氏は、1964年4月26日、大阪の豊中市に生まれる。3人きょうだいの長男。父親は印刷会社を経営していた。少年時代は、だれもが慕うリーダー的存在。
運動はできるほうだったが、勉強は「まぁまぁだった」と笑う。
「旅行に行った記憶は少ないですが、外食は多かったですね。昔ですからね。外食はそれほど、日常的ではなかった。そういう意味では、珍しいほうだったと思います」。もっとも、レストランと言えるようなシャレた店ではない。「ごはんやさんです/笑」と仲田氏。
「躾は、きびしくなかったんじゃないかな。ノビノビ、放任主義です」。少年野球ではキャプテン。人気者だった。
中・高は、仲田氏曰く、「なんちゃって」野球部。高校卒業後は大学に進学せず、はたらきはじめた。就職先は、当時、流通業界のトップランナーだったダイエーである。
「配属されたのは、魚売り場でした。いちおうサラリーマンなんですが、商売人ぽい仕事です」。実は、仲田氏。「父親をみていたから、経営者ではなくサラリーマンになりたかった」そう。経営の難しさを、理解していたからだろう。
「ただ、その一方で、商売に興味があったのは事実です」。
もともと、やんちゃな性格である。型にハマるのがいやだった。だから、お世辞にも態度がいいとは言えない。しかし、結果で周りを黙らせた。
23歳で主任に昇格。異例中の異例だったそう。学歴など関係なかった。商売人の素地が群を抜いていた証でもある。それからも目をひくように出世し、27歳でシニアマネージャー、31歳で課長、32歳で副支配人になっている。
「人生のターニングポイントを挙げると、3つです。一つは、ダイエーという巨大な流通会社に就職できたこと。そして、そのダイエーで経営のノウハウを吸収できたこと。もう一つはイートアンドの面接をうけたことです」。
副支配人といっても、巨大なダイエーからすれば、末端である。できることは、少ない。ならば、と転職を決意しても不思議ではない。
仲田氏のダイエー時代が幕を閉じる。

「大阪王将」に転職。

「まさか、私が社長になるとは思っていなかったし、打診された時も、実はお断りしたんです。文野会長とは5歳くらいしか離れていないし、禅譲なんてイメージでもなかったですからね/笑」。
本人がどう思ったとしても、文野氏は、もう決めておられたのだろう。食品事業の立役者である仲田氏以外、いまからの「大阪王将」の舵を取れる人間はいない、と。
すでに書いた通り、今では、外食事業と食品事業の事業比率は50対50となっている。仲田氏が仕掛けた「冷凍食品」、なかでも、<水も油もいらない羽根つき餃子>が急速に市場に浸透したからだ。(現在では<油・水・フタもいらない羽根つき餃子>へと進化している)
「ダイエーを退職して、イートアンドに転職したのは36歳。2000年の8月です。ええ、紹介やヘッドハンティングとかではなく、ふつうに転職雑誌をみて」。
給料も大幅に下がったそうだ。大阪王将では、一兵卒。経験でひいきもされなかったから、当然といえば当然だ。とはいえ、具体的な数字を聞いてわかったが、相当な落差があったのは事実。何が、それほどまでに仲田氏を惹きつけたのだろう。
「一口で言えば、『大阪王将』という会社の可能性かもしれません。私自身、一兵卒で入社するんですが、入社1年ぐらいで部門長に就任します。会社に、可能性があるからですね。当時の社長、文野からは『外食以外を大きくしてくれ』と言われます。当時は、外食が60億円、食品が5億円。外食以外を大きくするのが私のミッションですから、まずは、この5億円をどう大きくするか、です」。
実は、仲田氏は、イートアンドの株式上場にも貢献している。当時、常務だった仲田氏は、プロジェクトリーダーとなり、上場まで導いている。この上場においても、「食品事業」に対する評価はカギになったはずである。
「我々にとって大きな転機だったのは、生産事業に舵を切ったことだと思っています。外食事業も、食品事業も出口という発想です。つまり、収益の源泉がどこにあるかというと、外食でも、食品でもなく、生産機能なんです」。
むろん、「大阪王将」という絶対的なブランドがある。そのブランドによって、食品事業が成り立っているのは間違いない。つまり、「大阪王将」というブランドが、収益の根源でもあるのだ。このちからを、外食だけではなく、食品にも展開し、押し広げたことが仲田氏の功績だろう。
もっとも、いかに「大阪王将」のブランドをもってしても、「最初は、まるで相手にされなかった」と仲田氏はいう。いくぶんか怒りのニュアンスを含んだ、その口ぶりから、当時、第一線で奮闘した仲田氏の姿が思い浮かぶ。
ともかく、仲田氏の話を聞いていると、何度も「生産事業」というキーワードが登場する。この言葉が、ユニークだ。そもそも、外食企業が「食品事業」の比率を、これほどまでに高めた例はほかにないし、この言葉自体が「大阪王将」の原点回帰を表しているような気がするからだ。
・・・続き
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

2018年11月5日月曜日

NewsTVに、武田あかねが出演。

NewsTVにうちの武田あかねが出演し、ドクターシーラボCEO城野氏と、アクアコラーゲンゲルについて語ってます。
↓ 

11月2日発行の夕刊フジ「over60(ロクマル)世代応援企業30」)はビープラウド様(大山社長)です。

60代〜70代で頑張ってる人を応援!(キイストン寄稿)

11月2日発行の夕刊フジ「over60(ロクマル)世代応援企業30」第5回(5/30社)は、ビープラウド様(大山社長)とそこで活躍されてる猿田留美子さん(60)です。
35歳から70歳までの男女から応募あり選考の結果、猿田さんが採用されました。

http://www.zakzak.co.jp/eco/news/181104/eco1811040001-n1.html

取材は弊社の元編集プロダクション社長で70歳の土金氏です!

(夕刊フジより)
「over60(ロクマル)世代応援企業30」の取材を70歳の元編集プロダクション社長の土金さんにお願いしております。
ライター


【氏名】土金哲夫(ツチガネテツオ)
【生年月日】昭和23(1948)年9月25日
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)

2018年11月1日木曜日

株式会社パズルフードサービス 代表取締役 奥村 啓氏登場。

in-職(いんしょく)ハイパー“飲食の戦士たち”株式会社パズルフードサービス 代表取締役 奥村 啓氏登場

本文より~

高校生まで。

今回はご登場いただいた奥村氏は、1967年2月7日、愛知県の東部に位置する新城市(当時は南設楽郡鳳来町/2005年に編入合併)に生まれる。
ご両親と兄と妹の5人家族。少々、複雑な家庭で、実母は、奥村氏が生まれた頃に他界されている。当然、今の母は義母で、その親子の関係が、多少なりとも奥村氏の人生に影を落としている。
「兄が頭のいい人で、その兄とことあるごとに比較されて育ちました。でも、べつに兄弟の仲が悪いわけでも、義母との関係が悪いわけでもなかったんですが/笑」。
奥村氏が生まれた頃の、新城市はどんな街だったのだろう。
「今は、新城インターができたんで、もっと近いですが、昔は豊川インターが最寄りで、40分くらいかかりました」。
「小学校は、全校で生徒80人」とも言っているから、都会から離れた街だったのだろう。
この街で、義母は、実母の仕事も引き継ぐようにして、祖母といっしょに衣料店を経営した。父は、上場企業である「トピー工業」の豊川支店で勤務されていた。
奥村氏と言えば、とにかく、引っ込み思案で、素直だったそうだ。
ただ、引っ込み思案と言いながらも、小学生時代から副児童会長を務めている。
「中学からテニスをはじめました。私とテニスがマッチしたんでしょうね。副キャプテンを務め、なかりいい成績を残しました。でも、いい成績を残したのに、高校に進学してもテニス部から声がかからない。『アレ?』って感じで。ハイ、高校からは卓球です/笑」。
テニスや卓球をやりながら、実は、中・高でも生徒会の役員を務めている。みんなから推薦されるタイプなのだろう。ちなみに、高校での成績は入学当初13位。卒業する頃は30位。卓球や生徒会に奔走しながら、成績をちゃんとキープしているからすごい。
「すごいですか? なんだかんだいって、この頃がいちばんしんどかったですね。兄と比べられる。そのプレッシャーもハンパなかったですし、勉強の意味もわからなかった。親からも、みすてられていましたし…」。
「みすてられていた」と、奥村氏は辛辣な言葉を遣う。「高校時代には、もうもどりたくないですね」。その一言は、あながち、うそではないようだ。体より、心が疲れた3年間だったのかもしれない。

銀行、退職まで。

「高校を卒業したら、東京へ」と思っていた。
もっとも、父親からは「愛知大学へ行け」と言われていたそうだが。とにかく、早稲田、中央、明治を受け、なんとか明治の経営学部に滑り込む。
住まいは、三鷹に設けた。ちなみに、仕送り100,000円。当時なら、充分な額だ。
「そうですね。バイトはあんまりしてないですね。しないっていうか、できなかったというのが正直なところで」。
大学に進学すると、誘われるまま、すぐに合気道部の門を叩いた。女子もたくさんいたが、上下関係は、一般の部活動以上にきびしかった。返事に「NO」はない。
「私は、2年から明治大学の全部活43部をまとめる本部会に役員として参加します。たまたま輪番制でうちの部から1人ださないといけなかったんですね。それで、『奥村、行け』と/笑」。もちろん、「NO」はない。
有無もなく、参加した本部会だったが、ある意味、これが奥村氏の人生のターニングポイントとなる。
「学園祭などのイベントの企画・立案・実行。学園祭ともなれば大学全体ですから、予算もかなりの額です。また、各部のキャプテンとマネージャーで行う合宿を企画・実行したのも、いい思い出ですね」。
思い出だけではない。社会にでてからも、そうそう経験できない大規模なイベントの企画や立案、実行を通して、ちからと自信を育てた。それは、独りで生きていくという自信を生み出したのではないだろうか。
やがて明治大学を卒業した奥村氏は、都市銀行に就職。融資課に配属され、高い成績を残したが、お役所的な上司をみて興味をなくし、2年で、その銀行を退職している。
・・・続き
PRバナー

(社長記事やグルメ情報など飲食の情報はキイストンメディアPR事業部まで)